インプラントを長持ちさせる為に大切な事

インプラントは半永久的に使っていけるという話を聞いた事があると思いますが、ただインプラント手術を受けて終わり!という訳にはいきません。
そこで今回はインプラント手術を受ける前に、インプラントを長く使っていく為に必要な事をご紹介します。

2012年に発表されたインプラントの生存率のデータは、5年生存率が97%、10年生存率が94%という高い数値になっています。
しかしここで知っておきたいのが、生存率=健康な状態のインプラントという訳ではないということです。
先ほどの10年生存率94%のインプラントの中にも、数割が健康では無いインプラントが含まれています。
こういった健康でない状態のインプラントは、多くが「インプラント周囲疾患」と呼ばれています。
インプラント周囲疾患の中でも代表的なのが「インプラント周囲炎」と呼ばれる疾患で、高確率で発症する事が報告されてきています。

毎日のケアが不十分であること、更に定期的なメンテナンスを受けていない事が主な原因として挙げられています。
インプラントを考えている方は治療を受けて終わりではなく、その後の定期的なメンテナンスも考慮する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る