インプラント治療後のメンテナンス

インプラントはブリッジや入れ歯と違い、半永久的に使える器具ですが、それはきちんとメンテナンスを行なった上でのことです。
インプラントをより長持ちさせる為に大切なのは、歯科医院によるメンテナンスの他にも、日頃自分で出来るお手入れにも力を入れる必要があります。
自身でのケアだけでなく、歯科でのメンテナンスを怠ってしまうと、本来何十年も使えるインプラントも、僅か数年で使えなくなってしまいます。

インプラントのホームケアは、歯ブラシの硬さや磨き方等も重要になってきますので、事前に担当の医師や歯科衛生士に指導を受けておくことが大切です。
定期的なメンテナンスについても、3〜4ヶ月に1回は受けるようにし、事前に噛み合わせの変化がないか等を、注意して確認しておきましょう。
また、1年に1度はレントゲン撮影や、CT撮影、歯周ポケット測定、噛み合わせチェックを受けるようにすれば、あなたのインプラントは半永久的に活躍してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る