予防歯科ということを考えた時に、良く聞く言葉として「フッ素」が挙げられると思います。

フッ素を使った予防をするには、歯科医院で行なってもらえるプロフェッショナルケア、更に自宅で簡単に出来るホームケアの2通りの方法があります。
フッ素とは食品にも含まれている必要栄養素の一つで、世界的に虫歯予防として使われています。

フッ素のフッ化物が歯に対して与える効果は、再石灰化の促進や歯の強化が挙げられます。
また虫歯菌に対しては、歯を解かしたりする活動の抑制や酸の発生を抑える効果が期待出来るため、予防として広く使われているのです。

歯を強くすることに付いてもう少し詳しく説明すると、食事をする事で口内は酸性になり、一定の数値まで酸性になってしまうと歯が溶けてきてしまいます。
その溶けた歯が虫歯になってしまう可能性が出てきてしまうのですが、フッ素を塗ることで歯を強くし、歯を溶けにくくすることで虫歯を予防するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る