インプラントオーバーデンチャー

失われた歯の代わりとして人工歯根を埋入するのがインプラント治療ですが、更に現存する歯やインプラントの上に入れ歯を被せる治療のことを『インプラントオーバーデンチャー』と呼びます。

顎の骨に2〜4本のインプラントを埋め込むことでインプラントと現存の歯で入れ歯をしっかりと固定することが出来るので、食事中のズレも無くなり、しっかりと物を噛んで食べられるようになります。
通常の入れ歯ですと噛む力が非常に弱体化してしまいますので、骨細胞がどんどん退化してしまいますが、インプラントオーバーデンチャーでしっかりと噛めるようになることで、顎骨に噛んだ時の圧力が伝わり、骨細胞の退化を防げます。

患者の要望や骨の状態などを考え、ボールタイプとバータイプの二種類の方法から治療が行なわれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る