インビザラインが出来ない人

透明マウスピースを使った『見えない矯正』として話題のインビザラインですが、この治療方法を受けられない方もいらっしゃいます。

いくつかの理由はありますが、最も多い理由は重篤な歯周病を発症してしまっている場合です。
歯周病がある状態で矯正治療を行なうと歯が抜けてしまう可能性がありますので、まずは歯周病の治療から行なわれます。
更に顎関節症を患っている方もまずはそちらの治療を完了させてから、インビザラインを行なうようになるでしょう。

また歯の数が少ない、噛む力が強すぎると言う場合にもインビザラインのみの矯正治療では改善が見込めない事もありますから、医師と相談して別の矯正治療にするかを考えた方が良さそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る