抜歯をしない矯正治療のデメリット

誰でも出来る事なら自分の歯を失いたくないと思う気持ちはありますが、矯正歯科治療では便宜的に抜歯をしなければならない時があります。
そして矯正治療の特徴として、抜かない治療が良い治療とは限らないという点が挙げられます。

「歯を抜かないのが良い治療なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、歯を抜かなければいけないケースとしては、顎と歯の大きさがアンバランスな場合が多く見られます。
顎が歯の大きさよりも小さいと、歯が綺麗に並ぶ為のスペースが無く、歯並びが悪くなってしまっているので、綺麗な歯並びにする為のスペースを確保するには抜歯が必要となってくるのです。

これを非抜歯で治療していくとなると、歯列の側方拡大や歯と歯の接触部分を削らなければなりません。
本来抜歯が必要な状態を非抜歯でこのように治療していくと、結局充分なスペースが確保出来ないので出っ歯になったり、凸凹のはならびになってしまう可能性が残ります。
治療期間、費用のこと、そして確実な仕上がりを期待するのなら、抜歯が必要ならば抜歯治療にした方が負担が少ないのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る