乳歯の虫歯と永久歯の関係性

どうせ永久歯に生え変わるから乳歯は虫歯のままでも大丈夫、と思われる方もいらっしゃいますが、乳歯が永久歯に与える影響というのは非常に大きいです。

乳歯は永久歯と違い、虫歯の初期状態が黄ばみかかった黄色のようなことも多いので、虫歯に気付くのが遅れてしまいがちとなってしまいます。
更に永久歯よりも歯の表面のエナメル質が薄いため、虫歯の進行も早く、知らぬうちに広範囲に広がってしまいます。
そして乳歯の深くまで虫歯が進行してしまうと、下で生えていくのを待機している永久歯にまで虫歯菌が移ってしまい、生えてきてからも虫歯になりやすい永久歯となってしまいます。

また乳歯が虫歯によって早いうちに抜けてしまった場合、その抜けて空いたスペースに両サイドの乳歯が移動してしまい、永久歯が生えてくる場所を邪魔してしまいます。
そうすると永久歯がズレて生えてきてしまうので歯並びが悪くなる原因にもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る