歯の染め出し液で歯みがきの弱点を知る 

今回は、「歯の染め出し液で歯みがきの弱点を知る」をテーマにお話しています。

 プロが行う歯のクリーニングを「PMTC」と言い、専門的な機材を使って歯科医師、歯科衛生士が患者さんの歯をクリーニングする事です。
PMTCの時に、染め出し液を使用して歯の汚れチェックを同時に行う事が多いそうです。染め出し液を歯に塗ると、汚れている部分がピンク色に染められます。きちんと歯磨きしたつもりでも、実は意外な磨き残しがあるそうです。
人それぞれ歯磨きにクセがあり、上手に磨けるところ、磨くのが苦手なところがあります。磨き残しの多い部分は、歯ブラシの当て方や磨き方が良くなかったということです。
皆さんも歯科医院で、染め出し液を使う機会がありましたら、正しい磨き方を歯科医師や歯科衛生士の説明を参考にしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る