歯列矯正に抜歯は必要か

歯列矯正を行なうとき、どうしても抜歯をしなければならないイメージが強いですが、場合によっては抜歯をしなくても済むことがあります。
抜歯をしない場合には、顎を広げたり、歯を削って小さくする方法で対処される場合もありますが、このように抜歯をせずに行なった矯正は、その後元の形に戻ってしまう可能性もある事を知っておきましょう。

そもそも歯列矯正で抜歯を行なう必要があるのかというと、歯並びの悪い人の多くが顎が狭く、歯が上手く並べない状態にあることが大きな理由となります。
綺麗に歯を整列させる為には、溢れる歯が出ないようにする、つまり歯の数を減らす必要が出てきます。

多少の凸凹を矯正すると言うのなら、最初に書いた通り、抜歯ではなく顎を広くする方法が取られたりすることもあります。
抜歯をするとその歯は二度ともとに戻せないので、歯列矯正の抜歯の判断は非常にその医師の腕や経験が試される場面とも言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る