歯が無くなったときの治療として広く知られるようになったインプラント治療ですが、そのインプラント治療をより安全・的確に行なうための技術として注目を浴びている研究が「光機能化技術」です。

この技術によって今までよりも更にインプラントの成功率が上がるだけでなく、通常長期間になりがちな治療期間についても短期間になることが期待されています。

インプラント治療で重要な事はインプラントと患者の骨がどれだけ強くくっつくかということですが、インプラントの素材であるチタンは劣化によって骨を作る能力が低下していってしまうことが分かりました。
チタンは新品や未開封であっても劣化が進んでしまうため、現在のインプラント治療では最高の状態で骨を作ることが出来ないのです。
光機能化技術により、劣化したチタンに特殊な光を当てる事によってこの劣化を元の状態に蘇らせる事が可能になるそうです。
即ち骨を作る能力が最高の状態になる為、光機能化技術はより質の高い治療・短期間の治療に貢献してくれると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る