歯をちゃんと磨く方法

歯は何も考えずにただ磨いているだけだと、磨き残しが出てしまう可能性が高くなってしまいます。
磨き残しがあると当然虫歯の原因にもなる歯垢も残ってしまいますから、ある程度意識的に歯を磨くようにしましょう。

例えばただ思い立った箇所を磨いてしまうのではなく、歯を「上・下左奥歯」「上・下右奥歯」「上・下前歯」6つのエリアに分けて考えてください。
そして自分の中で、「上の奥歯を磨いたら下の奥歯」というように磨く順番をルール付けて決め、その順番になるように磨くようにしていきます。
そうすると全ての歯を均等に磨けるため、磨き残しをしてしまうことも無くなるでしょう。
また1つのエリアで何分磨くと決めておくと、更にしっかりと磨くことが可能です。

後1つ、歯磨き粉の量にも気をつけるようにしましょう。
あまりにも多く歯磨き粉を付けて磨いてしまうと、歯を傷付けてしまったり、泡立ちが良いため短時間なのに良く磨いたと錯覚を起こしてしまう可能性があります。
適量は小豆一粒程度の量と言われていますから、ぜひ意識してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る