歯の根の先に膿袋ができる理由

歯が腫れて痛くなったりするのは、根の先に出来る膿の袋が大きな原因とされています。症状がある時にレントゲンで患部を見てみると根の先に黒い影のようなものが写るのですが、それが膿の袋部分です。

なぜこのような膿の袋が出来てしまうのかと言うと、歯の根の内部の汚れが溜まりに溜まってしまい、神経の入口である小さな穴から溢れ出してしまいます。その溢れ出した汚れが膿の袋の正体です。
汚れが内部に存在してしまう原因としては、治療の際に取りきれなかった汚れが残っていた場合と、治療後に外部から入ってきた場合の2つが考えられます。

この膿袋の治療法は基本的に抗生物質や抗菌剤を飲んで体の中から最近を減らす方法がとられますが、それでも治らない場合には歯に穴を空けて取り出すか、歯茎を切開して取り出すかという外科的治療が関わってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る