歯の表面には「エナメル質」と呼ばれる層が、続いて第二層目には「象牙質」、更に奥にあるのが「神経」、そして神経の先にある空洞には毛細血管が通っています。

エナメル質は人間の体でも最も硬い組織で、歯に対する様々な刺激から神経を守ることが役割です。
そしてその先の象牙質は歯の主成分とも言える組織で、エナメル質よりも柔らかいことから、象牙質まで虫歯が進行してしまうと痛みや進行スピードが上がってしまいます。
そして歯の中心にあるのが神経で、歯に何か刺激が与えられた時に痛みを感じる部分にもなります。
さらに、象牙質を形成したり、歯全体に栄養を送る役割も担っています。虫歯等で神経を抜くと歯が弱くなるというのは、こうした役割が無くなってしまうからということも理由の1つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る