海外と日本の虫歯予防について

海外、特にスウェーデンは虫歯の数が非常に少ない国として知られています。
なぜスウェーデンがそこまで虫歯になる人が少ないのかというと、国民の殆どが定期的に歯医者を受診しているからだそうです。
そのため、80歳を超えた高齢者でもかなりの本数の歯が残っています。

歯医者には「歯が痛くなったらいく」という認識の方が多い日本と違い、スウェーデンでは歯医者は治療ではなくメンテナンスをしにいくところという認識が強いのです。
定期的に受診していれば虫歯を始めとした様々な口腔トラブルを事前に防ぐことができますし、普段の予防についてのアドバイスも定期的に聞けますから、歯の健康に対する意識も高く持てます。

今後歯のことで悩みたくない、ずっと自分の歯でいたいと思っている人ほど、歯医者の定期検診は大切と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る