治療に使われるマイクロスコープとは?

マイクロスコープは今多くの歯科医院で導入されている設備ですが、これは歯の中を覗く顕微鏡なものとなっています。
主に高い精密さが求められる歯の神経の治療、神経の再治療をする時に使われ、肉眼では確認が難しい神経の奥深くまで確実な治療が可能になるのです。

例えば歯の根管治療の場合、肉眼のみで行なうと成功率は40%から50%程度しかなく、更に成功しても多くの場合が再治療が必要になったり、歯の中に膿が溜まってきてしまいます。
しかし、マイクロスコープを使った場合には、80%から90%以上の確率で治すことが出来るのです。

このようにマイクロスコープは特に根管治療に大きなメリットを及ぼだけでなく、他にも普通の虫歯治療で被せ物をする事になっても、隙間無く綺麗に詰め物や被せ物を合わせることが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る