インプラントの耐久性について知っておこう

インプラントは、一度埋め込んでしまえば半永久的に使えると言われていますが、本来はどれほどの耐久性があるのかについてご紹介いたします。

インプラントは、チタン製の素材で作られていますので、通常使用していれば壊れることもなく、日頃からケアやお手入れしていることにより、長期間使用することができるのです。

30年以上の耐久性があると報告されていますし、国内では10年後の使用で95%の耐久性があり、20年後でも90%の耐久性があるのだそうです。

しかし、手術自体を失敗したり、術後に歯をくいしばったり・歯ぎしりすることにより、壊れてしまうことも考えられますので、永久的に長持ちするわけではありませんから、治療後のケアは怠らないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る