歯やお口を怪我した時の応急措置

転んで顔をぶつけてしまい歯が折れた、欠けた、抜けた、というような時、正しい応急措置をしないと却って後でさらに大変なことになってしまいます。

例えば欠けてしまった歯を自分で接着剤で付けたりしてしまうと、残った歯の神経を傷付けてしまったり、接着剤を取り除くのが困難で治療の妨げになってしまう可能性もあるのです。
正しい対処法は、まず出血している場合は圧迫して止血を行ない、体温に近いぬるま湯で口の中をうがいして清潔に保ちます。
欠けてしまった歯の欠片がある場合には、歯医者に行くまで大切に保管して持っていくようにします。

歯が根っ子ごと抜けてしまった場合でも、歯を持っていけば再植できる可能性があります。
抜けてしまった歯の歯根膜を出来るだけ残しておくことが大切なので、歯の保存を正確に行ないましょう。
歯根膜はティッシュで歯を包んでしまうと乾燥で、水道水で洗っても成分の違いで傷ついてしまいます。

正しい対処法は人間の身体の水分と成分が似ている牛乳の中に歯を入れて保存しておくことです。
歯を触るときは歯根膜のある歯の根もとを触らないように注意してくださいね。

どちらもあくまで対処法ですので、歯を怪我してしまった時には出来るだけ早く歯医者に行って措置してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る