意外と知らない?正しい歯磨きの方法

毎日歯磨きをしているのに虫歯ができてしまうと悩んでいる方は、歯磨きの方法が間違っているかもしれませんので、プロがオススメする正しい歯磨きを実践してみてはいかがでしょう。

歯ブラシは毛先が広がったら歯磨きの効果が薄れてしまいますので、1ヶ月ごとに交換するようにして歯を磨くときには歯ブラシを濡らさず、歯磨き粉を付けすると研磨剤で歯が傷ついてしまうことが考えられますから注意しましょう。

手に力を入れて、ゴシゴシと磨いてしまうと歯や歯茎を傷つけてしまいますので、歯に対して斜めの角度に歯ブラシを当てて磨きましょう。

歯磨き後に口を濯ぎすぎると歯磨き粉の有効成分まで流してしまいますので、少量の水でうがいを行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る