インプラント治療後は食べ物詰まりが起きやすい?

インプラント治療を行なった方から、時折食べ物が歯に挟まりやすくなったという話を聞く事があります。
実はこれは勘違いではなく、稀に起こることの一種なのです。

インプラントはチタンで出来ているネジ状の物ですが、これは骨にしっかり埋め込む事を第一に考えて作られているので、やはり天然歯と比べると太さ等が不自然になってしまいます。
さらに被せ物は歯の形や噛み合わせを考えて作られるので、歯茎の元がちょっと狭くなってくると歯と歯のスペースが少し開いてしまうことがあり、人によってはそこに物が挟まりやすくなってしまうそうです。

こうしたスペースは被せ物である程度カバーする事も出来ますが、無理に埋めて磨けないようにしてしまうと問題です。
気になる方は医師に相談してみて、被せ物である程度修正し、残りは歯間ブラシなどでしっかり磨いていく方法が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る