歯の汚れは口腔内や歯の病気の原因となります。
歯の汚れには歯垢と歯石がありますが、その違いをご存知でしょうか?

歯垢はプラークとも言われる汚れで、歯の表面についている色んな種類の細菌の塊のことを指します。
歯の色と似た色をしているので肉眼では中々分かりにくいのですが、1mgの歯垢があるとしてその中には2〜3億個の細菌がいるとされているのです。
歯垢は虫歯や歯周病の原因になる酸や毒素を引き出すので、放置しておくと大変なことになってしまいます。

歯石は歯垢に唾液の中のカルシウムやリンが付着することで、歯周病を悪化させてしまいます。
歯垢の場合は丁寧に歯磨きをすれば取り除くことができるのですが、歯石にまでなってしまうと自分では取り除くことは出来ません。
歯医者に行って歯石取りをしてもらう必要があるのです。

よく「歯医者への定期検診は大切!」という話を聞くと思いますが、これは歯の健康を見てもらうのはもちろん、このように歯石が溜まっていたら取ってもらう為の意味もあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る