インプラント術後の飲酒について

お酒が好きな方にとって、インプラント術後はいつから飲酒できるのかは非常に気になるポイントだと思います。
インプラントの手術では歯肉の切開や、顎の骨を削ったりするなどの外科手術が行なわれますので、術後の過ごし方は非常に重要です。

術後口にするものとしては、基本的にお粥やうどんなどの柔らかく手術箇所の負担にかかりにくいものが推奨されています。
では、飲酒についてはどうかというと、術後は医師の許可が降りるまで控えた方がいいでしょう。
医師や手術の内容によってどの程度の期間控えた方が良いかは変わりますが、一般的には1週間〜2週間は我慢した方がいいと言われています。

飲酒を控える理由として、飲酒は血行を良くするため、まだ塞がりきっていない傷口から血が出やすくなってしまうという事が一番に挙げられます。
血行が良くなると痛みも感じやすくなってしまいますから、身体を安静にさせるためにも、飲酒は控えるべきということが分かります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る