歯を傷付けてしまうブラッシング


歯磨きは歯の健康を守る為にとても大切な役割をもっています。
しかし、間違えた歯磨きをしてしまうと、歯が綺麗になるどころか歯を傷付けて虫歯や歯周病などになりやすい状態にしてしまう可能性があります。

例えば、市販の歯磨き粉には研磨剤(表記は清掃剤のこともあり)が配合されていることが殆どです。特に歯を美しくするホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉には必ずと言っていいほど配合されています。

研磨剤が配合されていることで、歯の表面のエナメル質の汚れ、着色を落とす効果があるため、確かに審美的にはある程度改善されます。
ただし、これは磨くだけで落ちない汚れを削って落としているため、使い過ぎてしまうと歯を必要以上に傷付けてしまい、結果そこから虫歯になってしまう可能性もあるのです。
また、細かく付いた傷に汚れが溜まり、逆に歯が汚れて見えてしまうこともあります。
研磨剤配合の歯磨き粉は毎日使うのではなく、週1回程度に留めて普段使い用の歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを使用するのがおすすめです。

また、必要以上の強い力で歯を磨いてしまうのも歯を傷付けてしまう原因になります。
最適な力加減としては、歯ブラシの毛先が歯に軽く触れる程度と言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る