ぐらつく歯は元に戻せるか

永久歯がぐらついてしまう原因として考えられるのが、歯を支える骨が溶けてしまってきている可能性です。これは歯周病がかなり進行してきている状態でもあります。

一度なくなった骨は自然に再生するということはありませんので、新たに骨を作るというような治療が必要になってきます。
指で触ると少し動くという軽い程度であれば歯も残せる可能性がありますが、舌で少し触れただけでも大きくぐらつくという場合には抜歯になってしまいます。
歯周病でも進行の程度により、まだ歯を残せる可能性がありますので、少しでも違和感を感じたらすぐに歯科を受診しましょう。

実は健康な歯の場合でも、大きな力が働くと少し動くことがあります。この時に動く大きさはおよそ0.2mmとなります。
「もしかして今動いたかも?」と動いたかどうか分からない程度のぐらつきです。この程度の動きは正常です。

また、外部的刺激によって歯が抜けたり、ぐらつくようになったということもあります。
これらは例えばスポーツや事故で強い衝撃を顔に受けた場合などに起こり得ます。
もし衝撃により歯が抜けた、ぐらつくようになったという場合は、出来るだけその日のうちに歯科に行くようにしましょう。
抜けたばかりの歯なら、再び元の状態に戻せる可能性が高い為です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る