虫歯治療の限界と、インプラント治療について

今回は虫歯治療の限界と、インプラント治療はどういった時に行なわれるのかにご紹介致します。

インプラント治療について

インプラント体験
虫歯を繰り返し、歯科治療を何度も行なっていくと、歯はどんどんと薄くなっていきます。
しかし放置すれば虫歯で歯の底が抜けてしまう事もあります。
この状態をマイクロスコープで見てみると、歯に穴が開き、歯茎が見えてしまっています。
歯質も薄すぎるので、この状態になってしまった歯は、保存が厳しいと言えるでしょう。
更に詳しく見てみると、歯にヒビが入っている事も分かり、この状態の歯になると被せるだけでなく、残しておく事も厳しいです。

そこで行なわれる治療がインプラント治療です。
上記の様な歯を失う局面で、インプラント治療の真価が発揮されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る