前歯のインプラントの難しさ

前歯のインプラントは、奥歯のインプラントよりも非常に難しく、失敗してしまう例も最も多いです。
なぜ難しいのかと言うと、前歯は奥歯よりも骨が薄く、ちょっとしたズレでも失敗に繋がってしまう事、そして前歯は人に見られる場所ですので、審美性を出さなければならないという事が理由として挙げられます。

前歯はアゴの骨の真ん中にあるのではなく、外側である唇側に著しく偏っており、抜歯した後の骨が非常に薄いためにインプラントの埋入が難しいとされています。
歯を残す事は非常に大切ですが、万が一歯が無くなってしまった時に考えるのが、如何にしてアゴの骨を残しておくかという事も考えておかなければなりません。

またインプラントを薄い骨に埋入すると、薄い骨に血液が届かなくなり、骨が溶けるスピードが著しく早くなってしまいます。
すると歯茎も下がってきてしまうので、埋入したインプラントが見えてしまうなどの審美的な問題も起きます。

これらを避ける方法として、骨を再建する方法や破折したらすぐ抜歯を行ない、同時にインプラントを埋入する、仮の歯を被せるという様な作業が最も効果的です。
すぐに仮の歯を被せると、機能的な圧力が加わり、骨が溶けにくくする効果がありますので、抜歯が必要になったらスムーズに対応してくれるクリニックを探しておくのも安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る