矯正治療中の歯磨きの仕方

矯正治療中の歯磨きは大変ですが、通常時よりも、より一層気をつけなければ虫歯の原因にもなってしまいます。
そこで今回は、矯正治療器具がついた状態の正しい歯磨きの方法をご紹介致します。

ついいつもの調子で歯の表面だけを磨いて姉妹がちなのですが、ブラシは器具にしか当たらずに、歯自体を綺麗にする事は出来ません。
意識したいのは、歯と歯茎の間を磨くという事です。
歯と歯茎の間に水平に歯ブラシを当てたら、ゆっくりと小刻みに磨いていきます。
磨き残しを無くす為に、真ん中から片方の外側に動かしていく、を繰り返してゆっくりと磨いていく事がポイントです。

ワイヤーと歯の隙間を磨く時は、歯ブラシの毛先をワイヤーの下に入れて磨いていきます。
下から入れて磨けたら、同じ要領で上から毛先を入れて磨いていくのも忘れないようにしてください。

特別な道具が無くても、普段使っている歯ブラシで磨く事が可能です。
普通の歯ブラシでもオススメなのが、毛が2列〜3列になっているものなので、その辺も意識して歯ブラシを選んでみるのも良いでしょう。

また、歯間ブラシを使って、歯と矯正器具の間を磨いてみるのも簡単に出来ますが、その時は力を入れすぎて器具を外してしまわないように気をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る