虫歯の治療の基本は、削って詰めるという方法となります。
しかし、削り過ぎは健康な部分も傷付けてしまう事にもなるし、削らなすぎても残った虫歯が中で広がってしまう事があるので、適正な量を削ることが必要となります。

歯の表面だけに出来た浅い虫歯は削って詰めればいいのですが、虫歯が進行してしまい、奥深くの歯の神経まで到達してしまうと抜歯の必要も出てきます。

虫歯を適正な量で削る為に使われる事があるのが、虫歯検知液という液体です。
この液体を歯に垂らすと虫歯の部分だけが赤く染まるので、削り過ぎ、削り残しのリスクを最小限に抑える事ができます。
もちろんデメリットも多少ありますので、気になる方は歯科医師に聞いてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る