ホワイトニングマニキュアのデメリット

自宅で簡単に歯のホワイトニング出来るマニキュアタイプのホワイトニング剤がありますが、手軽にホワイトニング出来る便利さの一方で、いくつかのデメリットも存在します。

一番のデメリットはマニキュアタイプのホワイトニング剤はその名の通り、歯にペンキを塗るようなものですから不自然な白さに仕上がってしまうと言う点でしょう。
自然歯はエナメル質によって透明感のある白になっていると思いますが、ホワイトニングマニキュアはベタッとした白で透明感が表現出来ません。

市販品を使う場合には、自分で塗る事になりますから塗りがまだらになってしまうということもあります。
そして持ちに関しても市販品だとピンキリですので、すぐに剥がれてしまうという可能性も捨てきれません。
医薬品を使う場合にはプロが塗ってくれるため、まだらになるという心配も無く、中によっては数年単位で持つものもあります。

もしホワイトニングマニキュアをしたいのなら、少し手間と時間がかかりますが医薬品で施術する事をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る