寝る前にどれだけ入念に歯磨きをしても、いざ翌朝目覚めてみると口臭がしたり口の中がネバネバしたり・・・ということは多くの方が悩んでいることの1つです。
このように寝起きに口臭がするということは、寝ている間に口の中の細菌が繁殖してしまっているからですので、この細菌の繁殖を防ぐことが口臭予防に繋がります。

ではどうするかと言うと、まずは寝ているときの呼吸を治す必要があります。
寝ている時に口から呼吸をしていると唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥して細菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、口を大きく空ける体操などで口呼吸を改善する事が大切です。

もう1つの予防として、舌の汚れを落とすのも大切なポイントです。
舌に付いた汚れを「舌苔」と呼びますが、この舌苔は口臭の原因でも大きな割合を占めています。
歯はしっかり磨いていても舌の汚れを磨いていないという方は多くいらっしゃいますので、舌専用のブラシを用意して、舌が汚れてきたと思ったら軽い力で磨いて様子を見てみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る