神経を取った歯が痛むのはなぜ?

重度の虫歯になってしまった場合など、歯の神経を抜く治療が行われます。
神経が無くなると基本的にその部分は痛みを感じなくなりますが、たまに神経を抜いた歯が痛むという場合があります。

これは歯の中から痛みがででるのではなく、歯の根元近くの外側が痛みを発しているのです。
神経を取るときはできるだけ無菌に近づけた状態で行いますが、どうしても完全な無菌状態を作ることは出来ません。こうした残ってしまった細菌がその場で強い圧力をかけることで、周りの神経が刺激と感じて痛みを感じるというわけです。

どんなに腕の良い歯医者であっても、どうしても一定の割合でこうしたことが起こってしまいます。
痛みを感じるということは身体から何か異常が起こっているというサインですので、放っておかずにすぐに歯科医に相談することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る