妊娠中のインプラント治療について

妊娠中にインプラント治療を始めようと思っても、胎児への影響や体力の観点から基本的には断られてしまいます。
しかしインプラント治療中に妊娠がわかるということもあるでしょう。こうした場合はまずは産婦人科医にはインプラント治療をしていること、歯科医師には妊娠した事を必ず伝えましょう。
インプラント治療の段階によってはいったん治療が中止されることがあります。

特にインプラント治療はCTやレントゲン撮影などを行わなければなりませんので、その際にどうしても微量の放射線を浴びることになります。
もちろんほとんど影響がないものと考えられていますが万が一のこともありますので、特に妊娠中は必要最低限しかレントゲン撮影を行いません。そのためインプラント治療が中断できる段階なら一旦中断されるのです。
中断中は仮歯や定期的な口腔内のメンテナンスを行いますから、歯がない状態で過ごさなければならないということはありません。

レントゲン撮影などの影響もですが、インプラント治療は長期間必要な治療なので、体力的な負担や麻酔などの投薬の影響、仰向けの姿勢による影響などを考慮して考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る