歯の移植のメリット・デメリット

失った歯を補うために、歯の移植が行われることがあります。この時に移植する歯は健康な親知らずや生える位置がずれていて普段使われていない歯などが候補として上がります。

このような歯の移植で最もメリットが大きいのが安全性です。使っていない自分の歯を移植するので拒否反応などを起こすことがありません。
また材料費などもかからないため、全体的な治療費も抑えることができます。

しかしながらデメリットもあります。
まずは移植先に合う歯である条件が厳しいことです。健康な歯であることは最低条件ですし、そこから移植先のサイズなども考慮にいれると中々移植に最適な歯を見つけるというのが難しいのです。もちろんこのように移植に最適な歯が見つからない場合は移植は行えません。

そこで歯の移植に変わって行われるのがインプラントです。
インプラントは治療費は高額ですが、最適な大きさで長持ちしやすい治療法です。ただしリスクは低いものの金属を使う治療ですので、ごく稀に金属アレルギーを起こすケースなどがあります。

もし失った歯を治療する場合、真っ先に思い浮かぶのはインプラント治療だと思いますが、歯の移植ができる可能性があるかどうかを確認してみてからどちらにするか考えるというのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る